愛犬「ウララ(黒ラブ)」との散歩が日課です!
by est_adv
カテゴリ
全体
ご報告
その他
物件のご紹介
未分類
以前の記事
リンク
<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
自衛隊について・・・
 菅直人首相は20日午前、神奈川県横須賀市の防衛大学校で行われた卒業式に出席、訓示した。自衛隊による東日本大震災被災者の救出・支援活動や、被災した福島第1原発への放水作業に関し、首相は「この大災害に自衛隊は全組織を挙げて、過去にない規模で救援活動を展開している。私は、危険を顧みず死力を尽くして救援活動を続ける自衛隊員を誇りに思う」とたたえた。(時事通信)
e0187092_1642028.jpg


私の購読している、あるメルマガで、自衛隊についての記事がありました。自らのすべてを投げ打って人命救助と復興支援に奔走する自衛隊の皆さんに対する深い感謝と敬意の気持ちを共有したくて、記事にさせていただきました。

----------------------------------------
以下は主にインターネットを通じて入手したニュースやツイッター、ブログなどをソースとした情報だ。
そのため、若干の正確さに欠けるかもしれない。しかし、たとえそれを差し引いて考えたとして、おそ
らく僕の気持ちに何一つ変化はないだろう。

深く頭を垂れ彼らに感謝し、心から敬意を表したい。040.gif

●自衛隊員は、災害支援を最優先とし、たとえ自分の家族が行方不明であったとしても、
 他人の救出を続けている。

e0187092_16391737.jpg


●自衛隊員は、被災者の方に対して温かい食事を炊きだしで提供する時も絶対にそれに
 口をつけない。そして自らは冷たい缶詰の米を食べる。

e0187092_1638734.jpg

e0187092_16402320.jpg


自衛隊員は、被災者の方に対して温かい風呂を用意する時も絶対に自らが入ることは
 ない。そして氷点下の雪の下で水のシャワーを少しずつ浴びている。


●人を殺した数よりも助けた数が多い軍隊は世界中で自衛隊のみ。現時点で既に1万人
 を救出している。


●24時間交代で休憩3時間。

●ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、
 「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ」


●自衛隊の友人より「少し歩く度に死体ばかり。一人ずつ生存確認をしていく。
 サイレンが鳴り響く中、上官から言われたのは『一斉に救助者がすがり付い来ても絶対に
 笑顔を絶やすな。絶対に泣くな』
 泥だらけの救助者達が力の入らない手で俺の手を握り「ありがとう」と言われる度に涙を
 堪えるので精一杯」

e0187092_16395474.jpg


●災害支援で現地に行っている、自衛隊員の友人からのメール。
 『子供の遺体を収容した。幼稚園くらい。兄弟だろうか、抱き合ったまま、亡くなっていた。
 子持ちの仲間は、肩を震わせていた。でも、俺たちは泣くことはできない。この町が復興
 するまで、俺たちの涙なんか意味がないから』

e0187092_1638417.jpg



また、この被災地で、命をかけて働いているのは、自衛隊だけじゃない。
昨日も、被ばくの恐怖の中、福島第一原発で放水活動をした東京消防庁の佐藤警防部長と
レスキュー隊の隊長2名の会見が行われたが、会見中に見せた彼らの涙が全てを物語って
いると感じたのは、私だけではなかったと思います。
e0187092_13115365.jpg


東京電力の会見と違って非常にわかりやすい。本当にお疲れ様でした!
[PR]
by est_adv | 2011-03-20 12:49 | その他


検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧